病院向けアシストプラス

現在、病院管理当局は、患者ケアとスタッフ管理のための施設を次のレベルに引き上げる方法を模索しています。 病院向けアシストプラスは、位置管理、機器操作、臨床ケア、そして患者のデータ管理における、病院が直面するすべての問題を解決できるように設計されています。

利点

医療レポート自動化

長い患者情報のレポートは不要となります。 アシストプラスは、すべての情報をモバイルデバイス上に提供します。 各患者のベッドに付いているビーコンは、医師の携帯機器と通信し、クリックするだけですべての関連情報を表示します。

リアルタイム位置情報

アシストプラスを使用すると、オフィス施設内の医師、患者、スタッフのリアルタイムの位置を把握できます。 また、緊急時に医師やスタッフに連絡して通知することができます。

レポート

アシストプラスは、医師またはスタッフが担当の患者にかかった時間について詳細なレポートを提供します。 これは、病院内の医師とスタッフの日々の活動と患者が受けたケアの質を詳細に分析するのに役立ちます

機器の場所管理

病院内のすべての機器の位置と動きを把握し、機器の誤動作や誤った配置に関するアラートを受信し、必要に応じて迅速な対応を可能にします

患者管理

アシストプラスは、患者が病院に入る時間、病院内の患者の移動経路、相談の詳細、処方された投薬の詳細、退院時から、患者管理におけるプロセスの全サイクルを自動化するのに役立ちます。 書類をなくし、すべてデジタルに置き換えます。

わかりやすい道案内

アシストプラスをモバイルデバイスに搭載することで、訪問したい患者の位置を即座に特定し簡単に見つけることができます。 また、駐車場での車両の位置を特定させ、訪問者を駐車スペースに誘導することも可能です。

隔離評価

隔離エリアを特定し、症状のある感染者の所在地管理や医療スタッフの接触状況をリアルタイムで監視します。

資産管理

医療機器や備品管理のオーバーヘッド・コストを削減し、管理のためのオペレーションコストを極小化します。

効率的な施設運用

リアルタイム位置情報管理技術は、人的・物的リソースの動きをリアルタイムで分析し、AIを活用した施設利用レポートを提供する事で、ROI向上に寄与します。

レポート

アシストプラスが提供する正確かつ詳細な分析レポートは、スタッフの能力と機器の機能を含め、病院の円滑な機能に影響を与える様々な側面を分析するのに役立ちます。

ワーキングレポートチャート (医者)

1日に各患者に医師が費やした時間を示すレポート

ワーキングレポートチャート (ナース)

1日に病院内の各エリアで看護師が滞在する時間に関するレポート

Shape
Shape

どのように役立つか