どのようにアシストプラスは役立つのか

アシストプラスはBluetooth Low Energy技術をベースとしています。

1. 組織内の社員には、BeaconPlusデバイスを搭載したスマートIDカードが与えられます。

2. 建物の敷地内にビーコンレシーバが設置されます。 これらの受信機は、近くのスマートIDカードを追跡し、従業員の位置と移動経路、および機器の機能を追跡することができます。

3. 経営陣は、事務所内のスタッフや設備のリアルタイムの位置と活動に関する詳細なレポートを入手します。 彼らはまた、従業員の不自然な活動や活動の即時通知を受け取ります。

実際にAssistPlusが使われる場面

スマートフォン活用ケース

Beacons will be installed in the office and custom mobile app in employees’ smartphones detect their presence.

スマートフォン非利用ケース

従業員が身に着けたBeaconを、オフィス内に設置されたスマートセンサーが検知します。

ハードウェア構成

ビーコンカード
ビーコンカードはBluetooth Low Energyテクノロジーを使用して動作します。 このデバイスは水やほこりに強く、電池寿命は4年以上です。
Property Value Unit
Radio Frequency band 2.4 GHz
RF protocol Bluetooth 4.0 smart
Transmitting power 0 or -20 dB
Receiver sensitivity -88 dB
Size & Weight Width 55 mm
Height 87 mm
Thickness 4 mm
Weight 16 gm
Power Built-in battery 800 mA
  Case Material ABS plastic  
Operating Temperature -40 to +85 °C
Operating Voltage 3 V
Water-dust resistance IP 65  
Battery life* 4 Years
Cloud Sense
Property Value Unit
Radio:Bluetooth RF protocol Bluetooth 4.0 smart
Frequency band 2.4 GHz
Transmitting power 0 or -20 dB
Receiver Sensitivity -88 dB
Radio : Wifi RF protocol 802.11 b/g/n
Frequency band 2.4 GHz
Transmitting power 25 dB
Size and Weight Length 115 mm
Width 63 mm
Height 12 mm
Color Black  
Weight 50 gm
Power 5V DC
Memory Flash 1 Mbit
RAM 48+16 KB
EEPROM 1 Mbit
  Case material ABS plastic  
Operation Operating temperature -40 to +85 °C
CloudSenseは、BeaconPlusクラウドに直接接続できるBluetoothスキャナです。 このデバイスは、収集された情報をクラウドに転送するために使用されるWi-Fi 2.4GHzプロトコルを介して構築された通信機能を備えています。 CloudSenseには、収集された情報を格納するための内蔵ストレージ機能があります。